大阪での浮気調査を探偵に依頼する

大阪の浮気調査は探偵に依頼するのがお得になるのか?

大阪府は面積は小さな都市です。
しかしはるか昔から商業都市として栄えてきた大阪は、堂々の存在感があり、関西のなかでもトップクラスに就業人口が多い都市です。
近隣の県外からも沢山の人が集まる大都会の大阪は、探偵事務所もかなりの数が存在します。
ですが、中には探偵調査に失敗する探偵事務所が存在します。
今回は、探偵そのものについての簡単な解説と、数ある探偵事務所の中から、調査力が高い業者の選び方を紹介します。
また、浮気調査を探偵に依頼することがお得な理由についてもご説明します。



探偵ができることとは? 大阪の探偵の選び方

探偵といえば、浮気調査の他になにをしているかイメージを持たない人も少なくないのではないでしょうか。
確かに探偵がおこなう調査は大半が浮気調査です。しかし他に、身辺調査や盗聴器、盗撮器の調査、素行調査なども行っています。

探偵は、「探偵業法」という法律で定められた範囲の調査となっており、法律に触れる調査はできません。
警察が扱わない「民事事件」を、探偵が依頼者からの依頼を受け調査しています。
小説等の探偵のイメージと、現実はちょっと違います。


探偵に依頼できない調査は?


探偵に依頼できない調査は、差別を助長する調査や、窃盗や殺人の刑事事件、そして口座残高の調査・借金調査などがあります。
しかし、実際にこのような違法行為をおこなう探偵事務所が存在します。
そのような探偵事務所はトラブルが多く、違反行為が見つかった場合、探偵事務所だけでなく依頼者本人も責任を問われる可能性があるため、 依頼できない調査をしっかりと理解し、そのような探偵事務所に依頼しない ようにしましょう。


違法な調査を行う探偵は避ける


探偵の中には、上記のような違法となる調査を行う業者もあります。
探偵を選別するためには、このような違法な調査を行う探偵は避けましょう。
違法調査を探偵に依頼して、万が一その探偵が逮捕された場合、前述したように依頼者にはもちろん火の粉が降り注ぎます。
また、その後依頼した調査がどのように処理されるかわかりません。
違法な探偵業者に依頼すると、後々いろいろとトラブルに発展してしまいかねません。
ですから、そのような業者を避けるためにも、まずは探偵のホームページなどで情報収集を行い、違法な調査を請け負ってないか調べてみましょう。



探偵に調査を依頼する方がお得な理由

特に浮気調査は、探偵に依頼していただきたいと当サイトでは考えています。
なぜかというと、探偵は主に3つの下記のような重要な点で、依頼者の役に立ち、お得だからです。

1つ目は、「探偵は、裁判で有効な証拠となる報告書を手に入れることができる」ということです。
素人による独自の調査で浮気の証拠写真を撮影したとしても、不鮮明などの理由で証拠として扱ってもらえない可能性があります。
そのため、 探偵に依頼して確実な浮気の証拠となる報告書を作成してもらうことが重要 です。
浮気調査で得た調査報告書をうまく活用すれば、慰謝料の請求もできるので、探偵に浮気調査を依頼する方がお得なのです。


2つ目は、「探偵に依頼することによって、調査の成功率が上がる」ということです。
あらかじめ知識のある探偵に依頼しましょう。下手に素人が手をだすのは、危険ですし損です。調査用のグッズの購入は無駄遣いになることも多いものですし、独自で尾行などをおこなっても成功率は高くはありません。それなら探偵に頼りましょう。素人よりもプロの方が成功率が高くて当たり前です。

自分で調査して、相手にバレてしまった場合、対象者の警戒心が強くなってしまいます。その後に、探偵に依頼しても、成功する確率がさがってしまうため、費用が高額になりがちです。初手で探偵に相談することがお得です。


3つ目は、「時間がかからないので、結果的に金銭的に得」だからです。
浮気調査するかすまいか、悩みすぎて時間をかけてしまうと、心のダメージが増えます。それで病院にかかってしまったら、その分の費用が勿体ないでしょう。
また、その悩む時間の分だけ、配偶者が浮気相手に家計のお金を流出することも考えられます。
探偵に調査を依頼してしまえば、スピーディに物事が解決 し、このような無駄な費用がかかりません。


総合的に「悩んでいるより探偵」が正解

もし、浮気が勘違いなら誰にも言わず胸に秘めれば良いだけです。
しかし、ぐずぐずと悩み続けている間に、大事な人が浮気相手と深みにはまっていったら大変です。
浮気解決にはスピードが重要と言えるでしょう。
上記の3つのお得な理由の他にも、やはりこのようなスピード解決のためには探偵の力を借りるべきなのです。

たくさんある大阪の探偵の中から、あなたが頼れる探偵を探し、浮気問題に切り込んでいきましょう。